美しい日本語、鼻濁音(びだくおん)

美しい日本語、鼻濁音(びだくおん)


SPONSORED LINK


あなたは、今、この瞬間にも美しい日本語が絶滅の危機に瀕しているって
事実をご存知でしょうか。

絶滅の危機に瀕している日本語こそ、「鼻濁音(びだくおん)」です。

文字にしてしまうと説明が難しいのですが、
発音する際、鼻に音を抜く」モノを指します。
表記すると濁音と変わりませんが、発音する時に違うのです。


例)

が、ぎ、ぐ、げ、ご

nga , ngi , ngu , nge , ngo

ちなみに、「漫画」や「代々木」は「鼻濁音(びだくおん)」で
発音すべきものです。



現在では、ほとんどの人は残念ながらこの発音が出来ません。
「絶滅の危機に瀕している」というのは大袈裟な話ではないのです。
※特に地域がら、関西や四国地方では使われる(限りなくゼロに
近いくらい)ことすら無いのも事実です。

もし、あなたが日本語の国語関係の勉強の追及をされている方(先生・
講師・学者など)か、アナウンサー関係の業務に従事していなければ
鼻濁音(びだくおん)」という言葉自体に接する機会すらないでしょう。

万一、どこかの研修(社員研修など)で、研修指導員が
鼻濁音(びだくおん)」について講義や実際に発音の訓練をするようなら、
その研修(電話話し方日本語教育マナーなどだとは思いますが)は、
レベルが高いと思われますのでしっかり学んでほしいものです。

そして、幸運にもそのような機会に巡り合った人は、
「こんなのを習ったんだ」って程度で構いませんので一人でも二人でも
多くの人に伝えて行ってくれたらうれしいです。
(出来ればしっかり教えてあげてほしいですけど・・・)

SPONSORED LINK

Copyright(C) 鼻濁音国際レスキュー塾 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー